虫歯にならない体質の方でも定期的に歯医者に通うようにしましょう

Dentistry

歯科検診を受けましょう

歯科検診を定期的に受けるというのはよく勧められることですが、実際に歯科検診とは一体何の目的でするのでしょうか?
それには、虫歯をチェックすることがあります。痛みを感じて歯科に行く人はいますが歯科検診をすると、痛みがない初期の虫歯を早期発見できます。自分では気づきにくい虫歯の発見にもつながるので、あの辛い痛みを感じる前に予防することができるんです。
また、歯茎のチェックもしてもらえます。症状が重くなると歯を溶かすこともある歯周病は、多くの人が不安に感じる歯の病気です。でも歯周病は予防できるんです。そのためには歯科検診で歯茎の状態をチェックしてもらいましょう。口臭や歯周病を引き起こす歯垢も取ってもらえます。治療後は歯がツルツルして気持ちが良くなります。
歯科検診ではブラッシングの正しい方法を教えてもらえます。歯の形は千差万別です。自分の歯の中で、どこに汚れが付きやすいのか、意外に気づかないものです。自分では、このくらいの固さの歯ブラシでいい、と思っていても固さが強すぎることもあり歯茎を傷める危険があります。それで、プロから見て、自分にはどんな歯ブラシの固さが良いのか、どこを重点的に磨いたらいいのか、丁寧な指導を受けられます。