虫歯にならない体質の方でも定期的に歯医者に通うようにしましょう

Dentistry

半年に一度の歯科検診が推奨されている理由

歯科検診を行う頻度は、健康な方の場合半年に一回程度が目安となっています。歯科によって異なりますが、半年ごとに定期検診を勧めている歯医者が多いです。虫歯になるなどして歯が痛くなってから歯医者へ行くという方も多いかと思いますが、この方法では歯の寿命が縮まってしまいます。なぜなら、虫歯になってしまった歯は二度と元の状態には戻らないからです。
一般的な虫歯治療を行う場合、虫歯の部分を削らなければなりません。一度削った歯は虫歯になりやすくなるため、虫歯のない歯に比べ早くに無くなってしまうと言われています。そのため、歯の健康寿命を伸ばすために大切なのが歯科検診なのです。
半年に一度通院していれば、まだ初期の段階の虫歯も発見することができます。そして歯科検診で重要なのが予防歯科。一般的に歯科検診では歯の状態をチェックするだけでなく、歯のお掃除も行います。日頃のブラッシングでは、どう丁寧に磨いても100%汚れを落とすことはできません。
特に落ちにくい歯と歯の間や歯の裏側、奥歯など、歯科検診でキレイにしてもらうことができます。歯をしっかりとお掃除することで虫歯や歯周病などになりにくくなりますから、定期的に検診と掃除を受けることは非常に重要なのです。