虫歯にならない体質の方でも定期的に歯医者に通うようにしましょう

Dentistry

歯医者で行う虫歯治療と虫歯の進行度

歯のイラスト

多くの方が抱える口腔トラブルといえば虫歯。毎日しっかりブラッシングしても虫歯になってしまう人がいる一方、歯磨きをサボってもまったく虫歯にならない人もいます。後者の場合は口腔内に虫歯の原因となる菌が存在しないためで、甘いものを食べても歯磨きをしなくても虫歯になりにくいのです。とはいえ口腔トラブルは虫歯だけではありませんので、歯磨きをサボっていると歯周病や歯肉炎になってしまうことがあります。
虫歯にならない体質の方でも、定期的に歯医者に通うようにしましょう。歯医者で行う虫歯治療は、虫歯の症状によって異なります。一般的にはC0からC4で区別され、数字が大きくなればなるほど虫歯の症状は重くなります。C0やC1の場合はごく浅い虫歯で、自覚症状はほとんどありません。この場合はフッ素を塗布したり、正しいブラッシングを行うことで虫歯の進行を抑えることができます。
しかし歯の表面のエナメル質をさらに進み、象牙質まで虫歯になってしまった場合はフッ素塗布では防ぐことができません。象牙質まで進行すると歯が沁みたり傷んだりするようになり、削る際にも神経に振動が伝わるため痛みを伴います。
さらには歯根にまで到達したC4レベルの虫歯は、治療の手段がなく抜歯となってしまうこともあります。虫歯を悪化させないためには、C0からC1の段階で適切な歯医者治療を行う必要があるのです。

歯医者さんの治療について

歯医者さんは若いころは虫歯だったのですが、最近は歯茎が落ちてきているとか。私は約2か月に1回くらい診てもらっています。歯は歳をとって来て、歯医者へ行く機会が多くなりました。最近はブリッジが多くなりました。まだ入歯は使いたくありません。やはり入歯は年寄りくさいです。
2か月に1回歯医者検診に来てくださいと言われますが、予約はしていません。だいたいそのころにあっちこっちが不具合が出てきます。早期発見早期治療でしょう。先生は歯間ブラシで磨けと言いますが、これはちょっと面倒ですね。この間は金冠の下が痛んでいるとかで、そこを外して治療しました。それもブリッジで補強ですね。歯医者に約2か月通いました。やっと終わったかと思っていたら、1か月後に左の前歯がなにかスースーするのです。やはり違和感がありますので、予約をとってみてもらいました。歯医者衛生士さんが空気を吹きかけると、やはりスースーします。
その後先生が診てくれました。すると歯茎が下がってきていると。それで根っこが出てきて、それに風が当たるとスースーするのだと。一種の知覚過敏ですねと。それで歯茎に薬を入れてくれました。歯と歯茎の間にゴミが溜まるとどんどん歯茎が下がってきますよと。ゴミをためないことが大切なのだと。また1週間後に来てくださいと。
また当分は歯医者通いです。

歯医者へは、定期健診に通いました

私が以前通っていた地元の歯医者では、定期健診の重要性を説かれて、それ以来6カ月に1回の頻度で定期健診を受診していました。なぜ、定期健診が重要かと言いますと、どれだけ自宅で歯磨きをしていても、歯石がたまりますし、歯の表面に歯垢がたまってしまいます。このため、定期健診を受診せずに歯石や歯垢を放っておくと、これらが原因となって歯周病になってしまうのだそうです。
ですから、6カ月に1回の頻度で定期健診を受診し、まず歯茎の状態をチェックしてもらいました。そして歯茎から血が出るようなら、そのまま放っておけば歯周病になる可能性もあるのだそうです。次に、デンタルフロスや歯医者の専門的な器具で、歯石除去や歯垢の除去をしてもらい、最後に歯の表面のクリーニングをしてもらいました。こうした作業をしてもらうだけで、歯が健康状態を取り戻し、虫歯予防に大きな効果があるのだそうです。
また、歯医者での定期健診のときには、歯磨きのブラッシングのやり方についても指導を受けました。正しい歯磨きのやり方は、歯を磨くのではなく、むしろ歯茎をやさしくマッサージする方に力点を置くのが正しいだそうです。歯茎を歯ブラシでマッサージすることによって、歯茎が引き締まって歯周病予防に直結する効果があるのだそうです。

歯医者の無痛治療とは

歯医者では治療中も歯に痛みを感じやすいことから、なかなか訪れることができない人もいます。ですが最近では無痛治療を取り入れている歯医者も多くなっています。無痛治療の魅力は、麻酔をかけてくれるので治療中も安心して医師に任せられることです。 歯医者での麻酔は注射が多いですが、無痛治療をメインにしているところでは笑気麻酔をしているところも増えています。笑気麻酔は針などを使わないため、恐怖感が少ないことが特徴です。ちょっとした痛みも気になるようなら笑気麻酔を使って治療を進めることで、患者もリラックスができます。 歯医者の治療も進化しており、できるだけ痛みを感じないように治療を行っているところも増加傾向にあります。ですがまだまだ昔ながらの治療を行う歯医者も多いため、できるだけ事前にそのクリニックの傾向を調べておくことが大切です。 傾向が分かれば自分にあっている治療方針かどうかも分かりやすくなります。クリニックのレビューを紹介しているサイトも増えているため、通っている人の感想をチェックするのは難しいことではありません。人気の歯医者は予約を取るのも難しいですが、それほど急ぎでないのであればおすすめの歯医者を利用するのも良いでしょう。


最近歯に違和感を感じる、そんな思いをしたときには大阪で歯医者に診てもらいましょう。自分ではなんともないことだと思っていても、いざ歯医者で診療してみると大事に至る可能性のあるものだったりもします。歯に関しても早期発見が大切ですので、違和感を感じたらすぐに大阪の歯医者に診療してもらいましょう。